AIM ROBOT SAKURA
AIM ROBOT SAKURA
お客様と店舗スタッフの接触機会を低減し、安全に料理を配膳します。
AIM ROBOT SAKURA
AIM ROBOT SAKURA
扉を持つトレイボックス仕様で、安全に料理を配膳します。
AIM ROBOT SAKURA
AIM ROBOT SAKURA
AI配膳ロボット ーAIM ROBOT SAKURA(仮名)ー が運ぶのは、安全と笑顔。

AI配膳ロボット ーAIM ROBOT SAKURA(仮名)ー

名前をつけて可愛がってあげてください。

AI配膳ロボット ーAIM ROBOT SAKURA(仮名)ーは
ライダーナビゲーションを使用し、独立して経路を計画し、障害物を自律的に回避し、インテリジェントな配膳や下げ膳、案内などのタスクを完了できます。

AI配膳ロボットは、長時間稼働可能、人手の助けになり、お店には広告効果抜群、スタッフとの協働作業(ラストワンハンド)で、辛い運搬作業を担当、スタッフは接客中心ができます。

上海立名智能科技(Linming)が開発したAI配膳ロボットに日本の環境に合わせたジャパンクオリティのチューニングを施し、日本の多くの業態に柔軟に対応出来るようカスタマイズしています。

※上海立名智能科技(Linming):上海大学のロボッティクス関連学科の技術を背景に、中国全国のホテル(200万室)をカバーする株主のホテルチェーンに対して、窓口ロボット、案内ロボットを既に3000台以上導入実績持つ。

AIM ROBOT SAKURA の機能

スマートポジショニング

高度な2次元LIDARを使用して、高効率と高精度の位置をポジショニングできます

柔軟な障害物回避

LIDARとビジョンセンシングの組み合わせ、周辺環境の正確な検出、自律的な障害物を回避し、自律的な経路を計画できます

配送・回収

積載重量が大きく、食事や飲み物を配達するタスクを自律的に完了できます

いますぐ

AIM ROBOT SAKURA 概要:仕様

背面扉

配膳途中でのイタズラなどから料理を守り、衛生面での安心感にも寄与します。

引き出し式のトレイ

引き出し式になっているので、出し入れも容易で、美しい盛り付けをキープます。

前面HDタッチスクリーン

AndroidのOSで、企業コンテンツの表示、人とコンピューターの相互作用インターフェース

上面HDタッチスクリーン

タッチパネルで簡単操作。導入当日からどなたでも操作可能です。

仕様

ロボットサイズ 長さ720mm・奥行580mm・高さ1200mm
配達ボックスサイズ 長さ300mm・奥行310mm・高さ500mm
重量 50Kg
タッチスクリーンサイズ 基本のスクリーンは13.3インチ(上)*オプションスクリーン12.5インチ(下)
解像度1920x1080
ナビゲーション方式 slamナビゲーション
無線通信 WiFi と 4G
最大荷重と最大登坂能力 100Kg/5度
最大稼働時間 12h(フル充電状態から)
インターフェース NVIDIA JETSON
バッテリー容量 24Ah
定格入力電圧 42V
定格電力 888Wh
センサー 超音波・衝突
歩行速度 0-1.5m/s
フル充電時間 8h(完全に電量なしの状態から)

Comingsoon

AIM ROBOT はニーズにお応えし、様々なタイプのロボットをご提案いたします。
Naomi

Naomi

前面の引き出しが二つ/背面21インチ大型ディスプレー、宣伝やインタラクティブができる/本体はカッティングデザインができる/両耳のLiDARで横からの衝突防止
Akari

Akari

ジャバラ式扉/紫外線殺菌付き/大容量スペース/本体はカッティングデザインができる/両耳のLiDARで横からの衝突防止

導入事例

お問合せ

製品に関することなど、お気軽にお問い合わせください。
エイム・テクノロジーズ合同会社

〒105-6004 東京都港区虎ノ門4−3−1城山トラストタワー4F
TEL 03-5244-4301